有名学習塾の早稲田アカデミーIBS全室導入の学習椅子とは?

早稲田アカデミーIBS評判

 

早稲田アカデミーIBSは、早稲田塾ではありません。
東京にある子ども向け英会話スクールですね。

 

 

「子どもが小さいうちに、英語をしっかり身につけさせておきたい」というママに評判の学習塾のようで、かなりしっかりした理論で学べる英語学習塾です。
この学習塾全教室で子供用アーユルチェアのアーユルユナが導入されているようです。

 

 

管理人もアーユルチェアを使うまでは「椅子だけで集中力が変わったら苦労は無いでしょ。」と思っていたのですが、姿勢のよさと勉強や仕事、作業の集中力が大きく関係していることに気づかされたのがアーユルチェアを使ってからですので、アーユルチェアが小学生の受験用学習椅子として位置づけされているのは、今となっては納得はできます。

 

 

「使い始めにお尻が痛くなる!」という悪い評判があって、これは事実だったと管理人は痛感しましたが「勉強や仕事の集中力が上がる」という良い評判も本当だということも管理人はわかりました。
もし、小学生の子どもが勉強をする集中力が無い。中学受験のために集中できる環境を子どもに与えてあげたいという方にはアーユルチェアーは試してみる価値はあるでしょう。

 


椅子を変えるだけで勉強の集中力欠如が直るって本当?

アーユルチェア集中力

 

いい椅子に変わると集中力が上がる、というのは嘘です。

 

 

いい椅子に変えて姿勢が良くなって、はじめて集中力が上がります。

 

 

これは、今この記事を読んでいるあなたも直ぐ実感できることです。

 

 

もし今座っていたとしたら、意識的に体をまっすぐに姿勢良く座るようにしてみてください。
感覚的には頭を糸で吊り下げられているような感覚です。

 

この状態で勉強や仕事、パソコン作業をやってもらうと実感できると思いますが、やはり姿勢が悪い状態と上で書いたような姿勢の良い状態で取り組むのとでは集中力が全く変わってきます。

 

 

また、科学的にも姿勢が良くなると勉強効率が上がると実証されています。
猫背のような姿勢の悪い状態でいると、上手く頭まで血が流れず脳の回転が遅くなり
結果的に集中力が落ちるという結果になる傾向が強いようです。

 

 

一度悪くなった姿勢を、なんの手助けもなしに改善していくのはなかなか難しいものがあります。

 

 

そもそもなぜ姿勢が悪くなっているかというと、良い姿勢を保つための背中、背筋の筋肉や腰の筋肉が足りないからです。
この筋肉を筋トレなどをしなくても鍛えることができるのが姿勢矯正椅子ですので、もし自分が姿勢が悪くて、勉強や仕事の集中力が足りないなと思ったら、当サイトでレビューしているアーユルチェアーや高機能オフィスチェアとして有名なアーロンチェアなど姿勢矯正椅子を買って、使い続けてみることで良い姿勢を保つ筋肉と習慣が身について、私生活でも姿勢が良くなってきます。

 

 

なにげなく歩いている時も、地べたに座っている時も、自然と姿勢が良くなるので、骨盤がゆがんだり、腰痛になったりというトラブルは無縁で過ごすことができます。

 

 

こんな感じで、きちんと悪い姿勢を矯正できる良い椅子に変えて、その椅子を使い続けてみてやっと姿勢というのは良くなっていきます。
こうなったらもうこちらのもので、気づいたら仕事や勉強にも集中できる下地もできていると思います。
当サイトでレビューしているアーユルチェアは、管理人も実際使ってみて、こうした姿勢矯正や集中力アップに非常に効果を実感できています。

 

逆に使わないと、矯正できたはずの姿勢や集中力欠如などが改善できないままというリスクもありますので
集中力欠如や姿勢の悪さで悩んでいる人はチェックしてみてください。

 

 

アーユルチェア集中子ども用アーユルチェアの注意点とは?