アーユルチェアー愛用者の管理人が感じたメリット・デメリットを公開

アーユルチェア感想

 

アーユルチェアーは管理人的に、基本的には良い椅子だと思っています。
ただ、どんな商品にもメリットとデメリットというものが必ず存在します。

 

アーユルチェアーを買った人、もしくはこれから買う人が「買わなければ良かった!」とならないように、主観ではありますがアーユルチェアーのメリットとデメリットを公開していきますので、参考にしてもらえればと思います。

 

アーユルチェアのデメリット

まずは、気になるデメリットから書いていってみようと思います。

  • デザイン性がいい椅子ではない。
  • 初めのうちはお尻が痛くなる。
  • 安い椅子ではない。
  • 脚を開いて座るので公の場では女性に向かない。
  • 路面で売っている店舗が少ない。
  • 試座できる店舗が少ない。
  • 普通の椅子よりも重い。

 

デザインは見たとおりのデザインで、好きな人もいれば嫌いな人もいると思いますが
管理人的に一番のデメリットは、座りはじめの時期はお尻が痛くなることです。
姿勢矯正椅子は、体のどこかしら痛くなることがほとんどですが、アーユルチェアーの場合はお尻かなと感じです。
後、オフィスなどの公の場で、女性がアーユルチェアーに座る場合は要注意です。
アーユルチェアーは坐骨座りするときに脚を開いて座る必要があるため、オフィスなどで女性が使うというのはあまりオススメできません。
この脚を開いて座らないといけないという点は、2番目に大きいデメリットだと感じますが、これ以外のデメリットはあまり大きな影響はないと管理人的には思います。

 

 

アーユルチェアのメリット

次に管理人が感じたアーユルチェアーのメリットです。

 

  • アーロンチェアなどと比較して安い。
  • 日本人に合った坐骨座りができる唯一の椅子
  • 姿勢矯正や腰痛、集中力UPにしっかり効果がある。
  • 他の姿勢矯正椅子と比べてバリエーションがある。
  • 小さい椅子だから狭い部屋でも大丈夫だった。
  • 姿勢を良く保つ筋肉が付いた。

 

管理人が感じたアーユルチェアのメリットはこんな感じです。
やはり一番は、集中力UPや腰痛改善などの効果を実感できたことですね。
また、大きかったのは良い姿勢を保つための背中や腰の筋肉が自然についたので
普段の生活での姿勢が良くなったのが大きいです。

 

 

以上が、管理人が感じたアーユルチェアーのメリットとデメリットです。
ぜひ参考にして、あなたの椅子選びの判断の材料にしてもらえれば嬉しいです^^