小中学生の猫背の原因とは?

猫背原因

 

ずばり、幼稚園児など小さい頃から姿勢の良い状態で暮らす癖がついていないことです。

 

実は良い姿勢を保つには、姿勢を保つための筋肉が必要なのですが
ずっと姿勢が悪い子の場合はこの良いを保つ筋肉などがないです。

 

また、人間何か習慣や癖がついてしまうとそこから抜け出すには
何か環境を変えない限り中々悪い癖や習慣は変わりません。

 

 

良い姿勢を保つ筋肉がなくて、悪い姿勢になる習慣がついてしまっていては猫背が治らないのも当然ですね。
猫背だと見た目で「暗い」と無意識に他人に思われてしまって何かと損ですし、勢が悪いことによって脳に血流が回らないため、頭の回転が遅くなったり集中力が落ちてしまったりと見た目にも中身にも悪いことだらけですので注意が必要です。

 

小学生や中学生の子供さんのことを考えるとたかが姿勢、猫背という小さな部分とは言えど、勉学やスポーツ、恋愛などで差が生まれてしまう可能性があるので、お子さんの猫背が酷いなと思った場合は、姿勢矯正のための手助けを両親が行ってあげると良いでしょう。
20代、30代までずっと猫背だと、どんどん治らなくなっていって40代くらいまで行ってしまうと大きく何かを変えないと猫背というものは治りません。

 

猫背改善などに役立つ姿勢矯正グッズはたくさん世に出回っていますが
椅子に座る時間が長い子供さんの場合は、姿勢矯正椅子などを上げると良いでしょう。
姿勢矯正椅子のアーユルチェアーの場合は、管理人自身も姿勢矯正の効果は実感していますので良いです。

 

本当に猫背が酷くてどうしていいか分からない場合は近くの整体に行ってみるのも手です。
ただ、整体もピンきりで先生によって施術効果は大きく変わるので注意です。
また、整体に行ったとしても、私生活が改善されなければ全く意味はありません。

 

こういう意味でも普段使う椅子を姿勢矯正椅子に変えるというのは、オススメですが
子供さんにあった猫背対策、姿勢矯正をぜひ試してあげてください。